Appleが2022年3月8日、製品発表会「Apple Event」の中でデスクトップPCの新製品「Mac Studio」を発表。このマシンは何がすごいのだろうか?

今回のApple発表会で登場した新製品の中でも、「Mac Studioが凄い」というレビューをたくさん見かけた。Mac使いでない管理人には何がすごいのかよくわかってないので、ちょっと調べてみた。

Mac Studioの外観

まず見た目。パッと見は失礼だがとてもすごいマシンには見えない可愛らしい筐体。Mac miniの高さを伸ばした、2つ重ねたような、もはやPCにすら見えない形状。正方形のドカベンって感じ。

中身は凄いらしいけど、外観上でも大きな変化があったとのこと。フロント部分にUSB Type-Cが2つとSDカードのスロットが付いた。今までならデザイン重視で全面には何もコネクターを付けなかったAppleが、実用性を取ったと驚きの所らしい。

Mac Studioの性能

まずはCPU。「M1 Max」と「M1 Ultra」というプロセッサーのモデルがあって、これまでのMacの最上位モデル「Mac Pro」を凌ぐ性能。

発表では「M1 Max」で、27インチiMac(Core i9)より最大2.5倍、Mac Pro(16コアXeon)よりも最大50%高速なCPU、Mac Pro(Radeon Pro W5700X搭載)よりも最大3.4倍高速なGPUを搭載。

「M1 Ultra」では、27インチiMac(Core i9)よりも最大3.8倍、Mac Pro(16コアXeon)よりも最大90%、Mac Pro(28コア)よりも最大60%も高速なCPU、27インチiMac(AMD Radeon Pro 5700 XT)よりも最大4.5倍、Mac最速グラフィックスカードRadeon Pro W6900Xよりも最大80%も高速なGPUを搭載しているという。

動画の再生や処理に強く、現在世界で唯一、最大18ストリームの8K ProResビデオ再生をサポート。Mac Studioはスタジオなどのプロのクリエイター向けモデルとして位置付けている、とのこと。

結局Mac Studioはどのくらいすごいのか?

色々な記事や動画を見てみたけど、現時点ではまだ現物がなく発表された資料を元に「今までの機種の○倍」という内容が多かった。仕方がないことだが。でもこれだとMacをよく知らない管理人にはイマイチピンとこない。

何かないかなと探したら、Apple公式に M1 Ultra の凄さを紹介する動画があったので貼っておく。英語版だけど映像から何かとてつもなく凄そうな感じが見て取れた。

Apple

今後も比較が分かる動画などが出てくると思うので、あったら追記しておく。

Mac Studioの発売日&価格

新型デスクトップPC「Mac Studio」の発売日は2022年3月18日。注文の受付は開始されている。

M1 Max搭載モデルが24万9800円~、M1 Ultra搭載モデルは49万9800円~(税込)。M1 Ultra搭載モデルをフルカスタマイズ(128GBメモリ、8TB SSD)した場合の価格は、93万9800円。

参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。