PC-8801

ジーウォークからムック本「PC-8801パーフェクトカタログ」が2022年5月16日に発売予定。

GAME Watchによると、1981年にNECから発売された8ビットパソコン「PC-8801」シリーズの、開発経緯から当時の世相に至るまで徹底的に掲載されているとのこと。

 本雑誌は、家庭用レトロハードをハードウェア、ソフトウェア両面から徹底解剖するシリーズ「パーフェクトカタログ」の最新刊。1981年にNECから発売された8ビットパソコン「PC-8801」から続いた続いたハードシリーズについて、開発経緯から当時の世相に至るまで徹底的に掲載されている。

 誌面では、「PC-8801」シリーズのCPU、グラフィック表示能力、サウンド機能、通信機能をはじめとしたスペック詳細情報に加え、国内発売ソフト1,700タイトル余りが画面とパッケージ写真付きで紹介されている。

GAME Watchより引用
PC-8801パーフェクトカタログ
PC-8801パーフェクトカタログ (Amazonより引用)

8ビット最強マシン 「PC-8801シリーズ」

8ビット時代は最強のパソコンだったPC-8801シリーズ。なぜ今になって出版?と思うけど検索ワード見ると今でも情報を探している人が結構いるみたいなので、根強い人気があるのかもしれない。

私がマイコン(パソコン)を始めた頃は、まだPC-88シリーズは8ビット一強という感じではなかったと記憶してる。まだPC-8001mkIIがあって、X1シリーズの方がソフトが多かった気がする。PC-88シリーズのソフトが増えてきたなーと感じたのは、5インチフロッピードライブを内蔵した「PC-8801mkIISR」が出たくらいからだっただろうか。当時私はX1を持っていたので、その後どんどんPC-88シリーズのソフトばかり出て羨ましく思った記憶がある。新作はほぼPC-88対応、みたいな。

PC-8801シリーズを購入したことはなかったが、学生の頃に友人が使わなくなったPC-8801(モデルは失念)を貸してくれるというので、しばらく借りてゲームをしたことがある。その時は三国志にハマっていて、ファミコン版で遊んでいたのだけど、漢字を多く表示できて処理速度の速いPC-88版をやって驚いた。その他にはマージャンゲームの「ぎゃんぶらぁ自己中心派」とかやった。

その後、パソコンショップで働くことになった1990年代はもうPC-9801シリーズの時代に変わっていたが、まだ「PC-8801FH/MH、FA/MA、MA2、FE2」あたりの中古パソコンは人気があった。

そのくらいで、管理人はPC-8801シリーズとはあまり係わりの少ないパソコン人生だったが、この本はちょっと欲しいと思った。

参考記事

昔のゲーミングPC「PC-8801」シリーズ徹底解剖! 「PC-8801パーフェクトカタログ」5月16日発売 -GAME Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。